CULTURE,  TOP

君は空飛ぶスパゲッティ・モンスター教を知っているか?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

「宇宙は空飛ぶスパゲッティ・モンスターによって創造された。これは空飛ぶスパゲッティ・モンスターが大酒を飲んだ後の事であった」  あなたはこのような教義を持つ宗教を聞いた事があるだろうか?

宗教の名前は「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」。ボビーヘンダーソンという人物が進化論対インテリジェントデザイン説の不毛な争いに終止符を打つために作った宗教だ。上のカニのような絵は、この宗教が教義で教えている宇宙の創造主「Flying Spaghetti Monster」通称FSMだ。

彼らの主張はとてもユニークなものばかりで例えば

人間はスパゲッティから生まれた

というものがある。内容は以下である。

  • 宇宙は無だった。そこからどこからともなく生命が生まれたのだと進化論は語る。この学説は全くナンセンスである。
  • 人間の基礎はDNAであり、DNAは肉体を構成する設計図である。皆さんはDNAが螺旋状であることはよく知っているだろう。これは絡まる2本のスパゲッティなのだ。男女から1本ずつ引き継がれたスパゲッティにより人間は誕生する。
  • さらに臓器を見てみよう。臓器は管が複雑に絡まっている。まさにスパゲッティではないだろうか。赤い血は調味料のタバスコさながらであり臓器の味付けとなる。脳ミソはミートボールのようである(FSMは胸辺りにミートボールを備えている)。
  • シェフが愛情を込めてスパゲッティを作るように、FSMこと空飛ぶスパゲッティ・モンスター様は私たち人間を創って下さったのだ。両手の指が10本もある生物は珍しいが、それはFSMのなごりである。神はスパゲッティであるご自身の姿に似せて人間を創ったのだ。
  • もし人間が絶滅した場合、イカが地球を支配するだろうと科学者が本当に予想している。その理由は触手が10本もある生物がFSMから寵愛を受けないはずがないからである。奇遇にも人間の両手の指も10本である。
  • 銀河系を見よ。星々の集まりが渦を巻いていることが分かるだろう。スパゲッティは鍋で調理するが、宇宙全体が鍋なのだ。ひも理論という言葉はスパゲッティに由来する。

他にも「今の進化論は完璧ではない」「FSMを信じると賢くなれる」などである。以下はFSMの福音書の内容である。

はじめに言葉があった。それは「うわあああ!」、すなわちビックバンである。FSMは銀河系を創造した。それはご自身の風呂であり、生命が誕生する場所である。地球を創造し、調味料としての塩を撒いた。そこから単細胞生物が誕生した。海がしょっぱいのはこのためである。

FSMは植物を創造した。それは人間が神の体に似せた食物であるスパゲッティを食すためである。FSMはビール火山からすべって頭を打ち、このせいで恐竜が絶滅した。

エデンのオリーブの園にて、男はオリーブは固くて噛めないことを知った。FSMはオリーブをスパゲッティにかける知恵を授けた。彼はタバスコを使い切ったためにエデンから追放された。

これまで私の書いている事が何なのか分からない方も多いだろう。心配しなくていい。分かる必要はないのだ。あくまでパロディの一種なのだから…..

この記事の多くの内容はニコニコ大百科から引用をしたものだ。気になった方はこちらを参照にしていただきたい。この宗教の教祖であるボビーヘンダーソンの質疑応答も載っている。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください