SCIENCE,  TOP

働かないアリの必要性

にほんブログ村 科学ブログ 科学情報へ
にほんブログ村

世の中の大多数の人は、無理してそんなに働きたくないと願っているだろう。そんな人たちに朗報だ。北海道大学の研究チームが働かないアリは、彼らのコロニーの長期的存続に必須であることを証明したというのだ。

これまで社会性昆虫のほとんどのコロニーに2~3割の働かないワーカーが存在することはわかっていたが、これはコロニーの短期的な生産効率を下げることになるため、自然選択の下でなぜこのような個体がコロニーに存在しているのか分かっていなかった。

そこで、普段働かないワーカーが,他の全てのワーカーが疲れて働けないときに代わりに働くというシステムと,全員が一斉に働くというシステムを,疲労の存在下でどちらが長く存続するかを比較してみた。 また,実際のコロニーで,よく働いているアリが休んでいるときに,普段働かないアリが働くかどう かを調べてみた。

結果としては、普段働かないワーカーが,他の全てのワーカーが疲れて働けないときに代わりに働くというシステ ムの方がシステムとして長続きした。これは、普段働くワーカーが 疲れて働けなくなるときに,疲れていない普段働かないワーカーが,誰かがこなしていないとコロニ ー全体が致命的なダメージを受ける仕事を代わりにこなすことで,危機的な瞬間を逃れることができ るからだということだ。

今回の研究では、社会性昆虫のコロニーの仕組みの一端が解明されたばかりでなく、人間の組織運営のあり方にも一石を投じる結果となったと研究者は締めくくっている。

働きたがらない人たちには自分を肯定してもらえる肯定してもらえる内容であったし、働きたがりの人たちも、この研究結果を受けて働きたがらない人たちを温かい目で見守る事ができるのではないだろうか。

最後に一言 俺が働かないのはいざって時のためである!

参考記事

https://www.hokudai.ac.jp/news/160217_agr_pr.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください